×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

伊藤博文と韓国併合:/上 近代化による韓国独立保持を意図=伊藤之雄

毎日新聞 2010年7月13日 東京夕刊

 日本が韓国を植民地化した1910年8月の韓国併合から、来月で100年となる。併合に先立つ「保護国」の時代に初代韓国統監を務めたのが、明治の元老・伊藤博文だった。併合に至る過程で伊藤が果たした役割をめぐってはさまざまな見方があり、歴史学界でも論争が交わされている。伊藤と韓国併合のかかわりをどう見るか、2人の研究者に論考を寄せてもらった。

 ◇時代の制約踏まえた歴史理解を

 昨年10月26日は伊藤博文没後100年、また本年8月22日は韓国併合100年である。それを前に、「伊藤博文と韓国統治」のテーマで、日韓の研究者十数人で3年間研究会を行い、昨年6月、韓国の啓明大学の李盛煥(イスンハン)教授と共編著の『伊藤博文と韓国統治』を出版した。韓国でもほぼ同時に翻訳版が出版され、その本は韓国文化省の2010年優秀学術図書に選定された。また私は右の成果も盛り込んで、一般の方にもわかりやすい評伝『伊藤博文』を昨年11月に出版し、幸いにも版を重ねている。

 さて、今年になって韓国併合が各方面でとりあげられている。伊藤博文との関連では、NHKテレビ「韓国併合への道」が本年4月18日に放送され、関心を集めた。アカデミズムの雑誌でも、本年1月に『思想』が、6、7月に『歴史学研究』が、韓国併合100年に関連した特集号を出した。二つの雑誌の特集号自体は意義あることだが、執筆者の一部が事実を追究することより感情を先行させて論を立てているのを、残念に思う。伊藤やその周りの人々が書いた手紙や日記・書類などの一次史料を新しく使って、私が導いた結論をまず紹介しよう。

 伊藤は、帝国主義の時代の列強の国際ルールに制約された韓国統治を行った。そのルールとは、自国を防衛する力がない国は侵略されても仕方がないというものである。伊藤は、日露戦争が起きた一因は韓国が不安定だったからだと確信し、韓国は独力では独立を維持するのが困難だと判断した。そこで日露戦争直後の1905年、韓国に統監として赴任、日本の強い指導と援助の下で韓国の近代化を達成し、日本の安全保障と韓国の独立を保持しようとした。

 それに対し、韓国皇帝高宗(コジョン)はオランダのハーグで開かれた国際平和会議に密使を送り、07年6月に日本の行為が不当だと訴えたが、どの列強も相手にしなかった。

 伊藤博文は韓国併合に反対であり、韓国国民に帝国主義の時代の厳しさを知らしめ、その自発的な協力を得て韓国を近代化させようとした。しかし彼の統治は韓国国民の支持を得られず、09年4月には併合に賛成せざるを得ないと決意するに至った。しかし併合後も、朝鮮に朝鮮人の「責任内閣」と植民地議会を置く形で、ある程度の「自治権」を与え、朝鮮の人々と対話を続けていくことが大事だと考えていた。また、「武装の平和」である帝国主義の時代を、批判的に見る観点も持つようになった。

 伊藤が暗殺されたため、併合の時期は早まり、朝鮮は山県有朋系の軍人総督の下で、軍人と官僚によって支配されるという、伊藤の意図とは異なった形の併合となった。

 これに対し、先に触れた一部の研究者たちは、どの帝国主義も植民地住民を収奪するのであり、伊藤が「よりましな帝国主義者」であっても意味がない、とする。彼らは伊藤の考えをその時代の中で把握しようとする姿勢が弱いので、伊藤に即した史料を十分に読まず、ハーグ密使事件の前後に伊藤が併合を決意したとか、伊藤暗殺が併合に与えた影響は大きくなかったとかの、事実でない見解に固執する。あげくの果てには、日清戦争後の朝鮮王妃殺害事件まで、当時首相だった伊藤が関係していたと主張する。

 帝国主義の時代が二度と繰り返されることはあってはならない。しかし現代に生きる私たちも、地球環境問題などで各国の利害が絡み、なかなか有効な手立てがとれないように、時代に制約されて生きている。大切なことは、その時代の矛盾とどのように格闘し、新しい時代を模索したかである。歴史が現代人に本当の教訓や勇気を与えてくれて意味を持つのは、この点においてである。先入観にとらわれず事実を求め理解を深めることが、今後ますます必要になってきている。(いとう・ゆきお=京都大教授・日本近現代史)

==============

 ◇いとう・ひろぶみ(1841〜1909)

 長州藩士として尊王攘夷(じょうい)運動、倒幕に活躍。明治維新後、大日本帝国憲法の制定に尽力し、1885年の内閣制度開設に伴い、初代内閣総理大臣に就いた。4次の内閣を組織する一方、1900年には自ら立憲政友会を結成し、総裁となった。韓国を日本の保護国とした第2次日韓協約(05年)に基づき、韓国統監府の初代統監に就任。09年10月、中国・ハルビン駅頭で韓国の独立運動家の安重根に暗殺された。

──────────────────────────────────────

伊藤博文と韓国併合:/下
 抵抗の根に多様なナショナリズム=月脚達彦 
 
◇帝国主義者の側面、否定できず
 100年前の1910年8月、日本は大韓帝国と「韓国併合に関する条約」を結び、朝鮮を植民地とした。この韓国併合に先立つ05年11月。日露戦争で勝利した日本は、特派大使伊藤博文をソウルに派遣して第二次日韓協約を締結し、大韓帝国を保護国として支配することになった。この協約に基づいてソウルに日本政府の代表として統監が置かれることとなったが、その統監に伊藤が就任したことはよく知られている。

 1909年6月に統監を辞任した伊藤は、同年10月にロシア財務相との会談のため訪れた中国東北地区のハルビンで、大韓帝国の独立運動家安重根に撃たれて死亡する。今日の韓国では安重根元凶とみなされていることも、よく知られていよう。しかし、近年、日本近代史研究者の間では統監伊藤は韓国併合推進者ではなかったとする評価が優勢になりつつあり、朝鮮近代史を専門とする筆者も、伊藤の保護国支配に対する大韓帝国側のさまざまな対応を見る中で、そうした評価を基本的には受け入れている。

 保護国化から韓国併合に至る時期に大韓帝国出繰り広げられた日本に対する抵抗運動には、都市の知識人を中心に言論や結社を通じた実力養成によって独立回復しようとする愛国啓蒙運動と、主に攘夷思想を持つ地方の儒者が指導して武器を持って戦う義兵運動があった。
 愛国啓蒙運動に携わった人々の多くは、時刻が保護国となった理由を自主的な近代化の失敗に求め、独立の回復に先立ち教育や産業の振興などによる国力の充実が必要だと考えた。一方で伊藤の対韓政策は、コストやリスクが大きい併合よりも、保護国支配の枠の下で大韓帝国を近代化させ、そのコストもなるべく大韓帝国側に負担させるというものである。そのため愛国啓蒙運動の一角には、日本の政府や軍、民間にある併合推進論を抑えるために、伊藤の政策に積極的に呼応して近代化に努めるという「協力」の論理が存在した(伊藤統監の下で大韓帝国の総理大臣となり、現在の韓国で売国奴とされる李完用の「協力」の論理も、そのようなものだったと考えられる)。

 ただし、これは単なる親日とは見ることができず、近代化に立ち遅れた現状では日本の保護を受けざるを得ないが、日本から学ぶべきことは学び、いずれは日本に追いつき追い越すという「克日型」のナショナリズムといえる。このほかにも、日本は日露戦争開戦まて゜、大韓帝国の独立を約束していたにもかかわらず、大韓帝国を保護国にした不義を批判する道義的な反日ナショナリズムや、伊藤の保護国支配が近代化の論理を伴って行われる以上、近代化に価値を見出さず、ひたすら「民族精神」の高揚を訴えることによって抗日の論理を徹底させようとするナショナリズムも現れるようになった。
 一方の義兵運動は、国や君主が日本によって辱められたことに対する義憤に基づく運動で、日本は侵略をやめて共に連帯して欧米の侵略に対抗せよという主張を伴うものだった(安重根の伊藤暗殺も、このような論理を背景にした行動である)。伊藤は義兵運動に対し、日本を誤解しているもので、自分が大韓民国を近代化すれば自ずと日本に心腹するになり、その運動は止むという楽観的な見通しを持っていた。しかし、伊藤の予想に反し、義兵運動は多くの民衆を引き込みながら熾烈さを増すことになり、やがて伊藤は悲観的になった。これが、伊藤が統監の職に意欲を失って辞任する理由の一つとなる。

 伊藤が統監を務めた時期は、今日の韓国に見られる日本認識の諸バリエーションの形成期に当たり、朝鮮のナショナリズムの形成史に占める意義は極めて大きい。もっとも、伊藤の保護国支配に対する大韓帝国側からの抵抗は、一部に屈折を見せながらも続けられたのであり、伊藤はまがいのない帝国主義者であったこともまた事実である。
(つきあし・たつひこ=東京大准教授・朝鮮近代史)
 毎日新聞 2010年7月14日
──────────────────────────────────────
伊藤之雄氏の論説 要旨
 タイトル:近代化による韓国独立保持を意図 時代の制約踏まえた歴史理解を

 「今年になって韓国併合が各方面でとりあげられている。伊藤博文との関連では、NHKテレビ『韓国併合への道』が本年4月18日に放送され、関心を集めた。アカデミズムの雑誌でも、本年1月に『思想』が、7月に『歴史学研究』が、それぞれ特集号を出した。二つの雑誌の特集号自体は意義あることだが、執筆者の一部が事実を追究することより感情を先行させて論を立てているのを、残念に思う。」

 「伊藤は、帝国主義の時代の列強の国際ルールに制約された韓国統治を行った。そのルールとは、自国を防衛する力がない国は侵略されても仕方がないというものである。伊藤は、日露戦争が起きた一因は韓国が不安定だったからだと確信し、韓国は独力では独立を維持するのが困難だと判断した。そこで日露戦争直後の1905年、韓国に統監として赴任、日本の強い指導と援助の下で韓国の近代化を達成し、日本の安全保障と韓国の独立を保持しようとした。
 それに対し、韓国皇帝高宗(コジュン)はオランダのハーグで開かれた国際平和会議に密使を送り、07年6月に日本の行為が不当だと訴えたが、どの列強も相手にしなかった。」
 「伊藤博文は韓国併合に反対であり、韓国国民に帝国主義時代の厳しさを知らしめ、その自発的な協力を得て韓国を近代化させようとした。しかし、彼の統治は韓国国民の支持を得られず、09年4月には併合に賛成せざるを得ないと決意するに至った。しかし、併合後も朝鮮に朝鮮人の『責任内閣』と植民地議会を置く形で、ある程度の『自治権』を与え、朝鮮の人々と対話を続けていくことが大事だと考えていた。また、『武装の平和』である帝国主義の時代を、批判的に見る観点も持つようになった。」

 「これに対し、先に触れた一部の研究者たちは、どの帝国主義も植民地住民を収奪するのであり、伊藤が『よりましな帝国主義者』であっても意味がない、とする。彼らは伊藤の考えをその時代の中で把握しようとする姿勢が弱いので、伊藤に即した史料を十分に読まず、ハーグ密使事件の前後に伊藤が併合を決意したとか、伊藤暗殺が併合に与えた影響は大きくなかったとかの、事実でない見解に固執する。あげくの果てには、日清戦争後の朝鮮王妃殺害事件まで、当時首相だった伊藤が関係していたと主張する。」

 「帝国主義の時代が二度と繰り返されることはあってはならない。しかし現代に生きる私たちも、地球環境問題などで各国の利害が絡み、なかなか有効な手立てがとれないように、時代に制約されて生きている。大切なことは、その時代の矛盾とどのように格闘し、新しい時代を模索したかである。歴史が現代人に本当の教訓や勇気を与えてくれて意味を持つのは、この点においてである。」
──────────────────────────────────────
月脚達彦氏の論説  要旨

 タイトル:抵抗の根に多様なナショナリズム 帝国主義者の側面、否定できず 

 「・・・近年、日本近代史研究者の間では統監伊藤は韓国併合論者ではなかったとする評価が優勢になりつつあり、朝鮮近代史を専門とする筆者も、伊藤の保護国支配に対する大韓帝国側のさまざまな対応を見る中で、そうした評価を基本的には受け入れている。」

 「保護国化から韓国併合に至る時期に大韓帝国で繰り広げられた日本に対する抵抗運動には、都市の知識人を中心に言論や結社を通じた実力養成によって独立を回復しようとする愛国啓蒙運動と、主に攘夷思想を持つ地方の儒者が指導して武器を持って戦う義兵運動があった。」

 「愛国啓蒙運動に携わった人々の多くは、自国が保護国となった理由を自主的な近代化の失敗に求め、独立の回復に先立ち教育や産業の振興などによる国力の充実が必要だと考えた。一方で伊藤の対韓政策は、コストやリスクが大きい併合よりも、保護国支配の枠の下で大韓帝国を近代化させ、そのコストもなるべく大韓帝国側に負担させるというものである。そのため愛国啓蒙運動の一角には、日本の政府や軍、民間にある併合推進論を抑えるために、伊藤の政策に積極的に呼応して近代化に努めるという『協力』の論理が存在した。」
 「ただし、これは単なる親日とは見ることができず、近代化に立ち遅れた現状では日本の保護を受けざるを得ないが、日本から学ぶべきことは学び、いずれは日本に追いつき追い越すという『克日型』のナショナリズムといえる。」

 「一方の義兵運動は、国や君主が日本によって辱められたことに対する義憤に基づく運動で、日本は侵略をやめて欧米の侵略に対抗せよという主張を伴うものだった(安重根の伊藤暗殺も、このような論理を背景にした行動である)。・・・伊藤の予想に反し、義兵運動は多くの民衆を引き込みながら熾烈さを増すことになり、やがて伊藤は悲観的になった。これが、伊藤が統監の職に意欲を失って辞任する理由の一つとなる。」

 「伊藤が統監を務めた時期は、今日の韓国に見られる諸バリエーションの形成期に当たり、朝鮮のナショナリズム形成史に占める意義は極めて大きい。もっとも、伊藤の保護国支配に対する大韓帝国側からの抵抗は、一部に屈折を見せながらも続けられたのであり、伊藤はまがいない帝国主義者であったこともまた事実である。」